外貨預金という投資

外貨預金をするメリット

外貨預金は、株式投資などと比べると、金利による収入が確実に得られるのと、将来受け取ることができる外貨の額(預けた外貨)が決まっているので安心という特長があります。
始めるには、外貨預金を取り扱っている銀行で外貨預金口座を開設し、預ける分の日本円を外貨に両替して預けます。
この時、米ドルや豪ドル、ユーロなど、金利や価格の推移などを検討して、両替する通貨を決定します。
金利は、預けた時のものが反映されます。
一定期間運用し、再び日本円に戻すか、別の外貨に両替するか、選ぶことが可能です。
為替の状況に応じて、利益が高い方法を選ぶわけです。
利息に加え、為替差益を得ることで、元金を増やしていくというのが外貨預金の方法です。
当然、金利が高い通貨で預金し、為替の価格の高い時期に両替すれば大きな利益を得ることができるのです。

デメリットがあることも忘れずに

日本円で預金するよりも高い金利で預けることが可能な外貨預金でも、注意しなくてはならない点がいくつかあります。
それは為替相場の動きによって、預けた外貨の価値が下がることもあるということです。
当然ですが、円が安いときに米ドル予期を始めても、いざ両替するときに円が高くなっていれば、手元に来る円は預ける時に両替した金額よりも少なくなります。
両替するタイミングは見定める必要があります。
また、両替には為替手数料がかかります。
外貨に両替するときにもかかり、また、外貨から再び日本円に両替する際にもかかります。
金利分が両替手数料で0になってしまう、あるいはマイナスになってしまうということもあり得ます。
そして、円預金の場合はペイオフという、万が一銀行が破綻しても、1000万円までの預金とその利息分が保護されるという制度の対象ですが、外貨預金は対象外です。



TOP