FXを投資方法として使う

FXで得られる利益

ドルと円で取引をスタートした場合、ドルが高い(円安)の時に購入後、ドル安に転じた時に売れば損失ですが、ドルが安い時に購入し再びドルのレートが上がれば、利益に転じます。
これが為替差益です。
また金利の低い通貨を売り、高い金利の通貨を買った場合、金利の差額を日ごとに得ることができます。
これはスワップポイントと呼ばれています。
FXで得られる利益は為替の差益とスワップポイントの2つがあるわけです。
そして、最大のポイントは、手持ち資金以上の取引ができる事です。
例えば資金が1万円であれば、外貨預金では1万円をドルに両替えした金額に金利が付くだけですが、FXの場合、最大25倍、つまり25万円までの範囲で取引を行うことができるのです。
これをレバレッジと呼んでいます。
少ない資金でも、大きな差益を得られる可能性があるのです。

注意しなくてはならない点

金利差で毎日付与されるスワップポイントも、高い金利の通貨を売って低い金利の通貨を購入する場合は、逆に支払いが発生することになるので、注意が必要です。
また取引にレバレッジを使った場合、利益が出るのも大きいですが、当然損失も大きくなります。
FXでは、取引の最中でもレートの変動が大きくなり、損失(決済前なので含み損)が本来の元手である手持ち資金(FX口座に入金された金額)の一定ラインを下回るところまで進行すると、強制的に売却され、取引が終了されてしまうシステムになっています。
これは利用者の財産を守るためのシステムですが、レバレッジを大きくかけていると、ロスカットにあう確率も高くなります。
レバレッジはFXの魅力でもあるため、外貨預金と比較すると、FXはハイリスクハイリターンに傾くことの多い投資方法と言えるでしょう。



TOP